器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お別れとはじまり。 | main | 卅春茶会 >>
市川孝 陶展です!
市川孝氏の陶展がはじまっていますよ!
今回の展のテーマは「卅春、茶花菓器事」というお茶を考えたもの。
そういうわけで、市川さんの茶にまつわる器が沢山たくさ〜ん並びました。









茶にまつわる古い道具もいろいろと仕入れましたよ。
鉄瓶、銅瓶、やかん、漆皿、茶筅、茶杓、棗、茶箱・・・等など。
古いものなのでジャンク扱いのものも混ざっています。飾りに如何かと。

いつも丁寧に穏やかな市川さん。
スタッフ西やんの問いに、詳しく説明して下さってます。

今回、西やんは「みたて」としての仕事も一緒にさせて頂いているので、夜茶会(急遽、好日居さんですることに決定しました。詳細は「好日居」のHPへ)のことも打ち合わせ。



耐火の「木持ち手土瓶」「急須」「片手鍋」「木蓋ポット」「大鉢」「楕円皿」も沢山。
久しぶりのステンレス線急須、定番の急須、バリ猪口、バリ丸碗、しのぎ猪口、コーヒーマグ、シュガーポット、木蓋コロ碗、取り皿、蛍取り皿、小皿、中皿、リム大皿、木蓋容器、片口、花皿・・・・・沢山作って下さいました。

今回、焼き〆の器の釜入れが間に合わず、会期途中での納品になりそうです。
それも天候によって間に合わないかも・・・というお話なのですが。
お天道様にお祈りして、どうか土が乾きますようにー。





今回の茶会で使われる器たちは別室にて展示と販売をしています。
販売は、会期終了後のお渡しとなりますのでご了承願います。





市川さんの茶器を、好日居さんがどんな風に使われるのかとても楽しみです。

今回は、茶会申し込みの方が大変多くすぐに満員になってしまいましたので、市川さんと相談し急遽「夜茶会」を催す事となりました。
好日居さんのご好意で、企画が新しくスタートしました。
是非、お昼に参加できなかった皆様「夜茶会」へご参加お待ちしております。

詳細とご予約は、「好日居」HPをご覧下さいね → 



COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/147
TRACKBACK