器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 金環日食 | main | ひとり昼食。 >>
山口和宏さん、木工展はじまる!

山口和宏さんの木工展がはじまりましたよ!
初日の今日、雨の中お越し下さった皆さん、ありがとうございました。
気に入りは見つかりましたでしょうか?


今展の期間中のみの扱いで、イラストレーターの平澤まりこさんと山口さんのコラボレート作品がいくつかございます。

「カッティングボード」「ブックエンド」「本箱」「額」「トレー(大)」。
常設での扱いはございません。








以前に、「フォーク100本」を三人展で出されたそうで、大変だったけれど、同じ素材でも取る場所で微妙に色が違うし、出来上がりの形も違うので楽しかったとおっしゃってた。売れるかどうか心配だったそうですが、殆ど売れてしまったそうです。
今回、100本・・・とまではいきませんが、沢山フォークやスプーン、バターナイフを作ってきてくださった。
とっても人気なカトラリー。欲しかったという方は是非!




この展示で、初めて拝見したお盆。角のアールがとても美しい比率です。
ありそうでない、シンプルなのに個性もある。盆としては勿論ですが、一番小さなサイズは直接プレートとしてもお使い頂けるのでは?と。



山口さんの作品は、大抵のものに「ノミあと」があります。
この手跡はひと彫りひと彫り、大変な労力だと思います。機械仕上げだけで終わっていない、作り手の「もうひと手間」がより木の表情を楽しくしていると思います。

ちなみに、私が自宅で愛用している山口さんのものは「バターケース」「長方形のトレー」「正方形のちょっと深目の皿」。トレーの大きさは中くらい、皿は大、中、小とそれぞれ持っているのです。
肉厚なので丈夫。すぐ落としちゃったりするおっちょこちょいの私ですが、未だ欠ける事無く、毎日愛用しています!
パントレーはバターが染み込んでいい色に育ってるのですよー。(期間中、店内に展示しています)

個展でしかご覧いただけない、沢山の品数と量。
大きな大きなトレーは、存在感がもの凄い。圧巻です!見るだけでも是非。
お待ちしていますよお。


山口和宏 木工展
2012年 5月25日(金)〜30日(水)
木と根にて
12時〜18時半まで
会期中は無休。


山口さんが、ご自身のホームページを開設されました。
最近家具のご注文を、個人発注から受けてらっしゃるそうです。
ひとりひとり丁寧に会話し相談しながら、一緒に家具を作っていらっしゃるそう。
家具を作ろうと考えてらっしゃる方は、是非ご相談になってみてください。
きっと素敵でいいのができますよ!!

山口和宏さんのホームページはこちら →  
http://mokkousyo.jp/

山口さんの作品をご購入希望の際、個展二日目以降よりおとり置き、代引きによる通販が可能です。
お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。
※なお、メールでのご注文はご遠慮願います。


COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/157
TRACKBACK