器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山口和宏さん、木工展はじまる! | main | 外国のお土産。 >>
ひとり昼食。
一人で入る店は、たいてい決まっています。

今風なお洒落な店が苦手なので、学生の頃から行っている古い店がやっぱり落ち着く。
気に入っていた店の数件が、店主さんがお年になったとやめてしまわれたりで、どんどん消えてしまって一体どこへいったらいいのだ!という気分です。

この日は、絶対無くなって欲しくない店の一つ、スマートコーヒーでスマートランチ。





いつも注文するのは、「ハンバーグ」&「野菜オムレツ」なんだけども、今日は「ハンバーグ」と日替わりの「サーモンムニエル」に。
食後にプリンを食べたかったけれど、バスの時間が間に合わないので断念。

ここは、ご年配のマダムが一人で昼食を取ってらしたり、老夫婦が仲よさげに食事されてたりして、そんなのを拝見しているといいなーと思うんです。

おじいちゃん、おばあちゃんが沢山のお店が理想。kitoneもたまにお祖父ちゃんや、着物のお婆ちゃんがいらして下さって嬉しいです。どんどん増えて欲しい。





初夏となると、やっぱり出番の多いカゴ。(私は真冬も籠ですが!)
私の愛用は、7年程前の出会いからずっとこれ。
筒井幸彦氏(長野)の山葡萄の籠。希少な国産の蔓の太いヤマブドウで、しっかり編まれたかご。




お弁当箱が、底にすっぽりと入るくらいのマチの広い物をと、木と根オーダーしたサイズ。
持ち手のデザインも、特注なんです。





山葡萄は一生もの以上に長持ち。
二代、三代と受け継がれることができる丈夫な籠です。
私も自分の娘に・・・と言いたいけれど、残念ながらうちは息子なので未来のお嫁さんに譲れればなあと。勿論、お嫁さんが山葡萄が好きだったらですけどね。


今年も筒井さんの籠が「木と根」に入荷してきました。
今回は、細い蔓のアジロ編みや、ちょっと変わった形の籠も入ってきています。
通販ページで一部販売していますよ!→ 

通販ページに掲載していない籠のお問い合わせは、直接お店に電話下さい。
お気軽にどうぞ! 075-352-2428



管理者の承認待ちコメントです。
- | 2014/05/21 10:52
COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/158
TRACKBACK