器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 外国のお土産。 | main | そろそろ裸足の準備。 >>
楽しい時間、美味しい時間。
友人と、半日ふらりひらりとおでかけ。
この日はあまり(というか、美術館に行く以外は出かけないエリア)行かない岡崎界隈。
まずはお昼ご飯。




そしてこの日の前日、雨や雷が降ったり止んだりの変な天気の中を「木と根」喫茶室に来て下さった可愛らしいご夫妻のお店へと足をむけました。
お会計の時にショップカードを託され、そのカードが素敵だったのです。
お店のカードって重要!!
カードを見てだいたいどんな雰囲気か、センスなんかも大抵わかる。
カードの素敵なお店は、殆どの場合お店も素敵。



動物園の北隣。
植物棚?(というのかしら)入り口の木の格子屋根が好みです。

茶房「チェカ」さん。
焼き菓子、ケーキとお二階にはカフェ席が。





ご近所のマダムも、モード履きでご来店。
このゆるーい感じもいいです。
やっぱり、お祖父ちゃん、お婆ちゃんに愛されているお店は落ち着くなあ。





二階の窓からは、向かいの動物園が見えます!
近眼の私は全くわかりませんでしたが、友人は「あっ、今なんかわからん大きい動物が横切っていった!!」と言うてました。なんだったんだろ?








大きな茶釜がありました。
ブンブクチャガマ。子供の頃、この絵本が好きだったなあ。
タヌキの絵がふと頭に浮かびます。

ブンブクチャガマ。ブンブクチャガマ。魔除けのおまじないみたい。






上がりがあって、和風の装い。
これも落ち着くなあ。

自宅のワンフロアーの一角に、こんな上がりが欲しいです。
作ろうかなあ。





器が陶芸家の内田鋼一さんのばかり。
なんと、こちらのご主人さんは内田さんの弟さんなのでした!ビックリ。

どちらも焼きものをされているのだね。ふふ。

ケーキがとても美味しくって本当は苺のショートも食べたかったけれど、この後「好日居」さんに向かうのでこの日は一個で我慢。次回は二個食べよう!


チェカさんを後にして、次は「茶房 好日居」へ。
途中、いつも気になっていた古本屋をちょいと覗いてみる。
芸術書、アートな本、版画とかが置いてあって、義理父が好きそうなものが沢山。

このお家、かなり好きな感じ。
こんな一軒家で空き家があれば、是非ご一報下さい。
二号店を考えます!





四月の市川孝 陶展の際に茶会をして下さった「好日居」横山さん。
お客さんとして訪れたのはこの日が初めて。
ゆっくり、じんわり、美味しいお茶をいただきました。

幼稚園のお迎えさえなければ、あと3時間くらいずっと茶を入れ続けて長居長居したかったです。



食べて、飲んで、飲んで。ハー、満足。
次回この界隈に来たらば、蕎麦の「おかきた」にも行こうー!




COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/160
TRACKBACK