器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏のおもいで その2 | main | 茶会をひらく >>
夏のおもいで  その3
八月のある日。
毎年恒例、夏の盛りの「下鴨納涼古本市」
今年も行ってきました。




仲良しのソラ君と一緒に、この日はあちらこちらへと。
最初に、
京都駅にて中華ランチを食べ、
「伊藤まさこ展」へ立寄り、
その後 下鴨神社まで。








友達の店で、涼をとる。

息子はずいぶん小さい頃から炭酸好き。
そして、カレーは子供用のは食べず最初からバーモンドカレー中辛。

豚キムチ好き。タイ料理のお店「カティ」もok!
舌が鈍感なのかも。



お気に入りの椅子らしい。
が、本当は二階の畳み部屋が好き。



古本市で買いたてのホヤホヤを二人で見せ合い。
どちらも電車好きなので、話しが合うようです。




本といえば・・・
最近入荷した本をいくつかご紹介。




星ヶ丘ソーイングテーブルの10年の記録。
店主の玉井さんの言葉は、素で飾りがない。
心にじんとくるのはきっとそうだからだ。

会話らしい会話をしたことは一度もないが、
勝手に親しみを感じている。





こちらも、同じ出版社 BOOKLOREより

西尾勝彦「言の森」
きっと 人のこころには 言の葉の茂る 言の木があり
言の森があるのだろう

西尾さんは、いつもフラリと店に来てくれ
いろんな話しをしてくれる、実は国語の先生。
2010年発売の「朝のはじまり」は好評につき完売している。
今回も素敵な、詩の本。




陶芸家 島るり子 さんのはじめてのムック本。
「島るり子のおいしい器」

とっても料理上手な島さん。
沢山のレシピが載っており、実践してみたくなる料理ばかり。
人気の料理家達も推薦してらっしゃる。

木と根もご紹介して下さった。
とっても、ありがたい。
素敵な本に載せていただいて幸せだ!
天然生活ブックスより
「島るり子のおいしい器」

島るり子

A5判 128ページ
ISBN:978-4-86067-355-0
発売日:2012年8月30日
定価:1,575円(税込)




COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/173
TRACKBACK