器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏のおもいで  その4 | main | 道具展 >>
夏のおもいで その5
沼津のホテルから、海をめざして。
千本松が有名な場所。
ここは、絶景の富士が見れるんだって。




でも、富士運のない私はやっぱり見れないんですよねー。



でもいいのです。ここはひろーい海岸。
堤防に立ってると吹き飛ばされそうな勢いの風が吹いていて、気持ちいい。




翌朝にリベンジしましたが、いいお天気なのに富士の上だけ雲がもくもく、もくもく、もくもく・・・・・


気を取り直して、夕食へ。
鰻好きな主人の為に、旅行前にリサーチしまして良さそうなお店を探してました。
こちらは、文豪の司馬遼太郎や政治家やお相撲さん達が通ってらしたというお店。家族経営らしくこじんまりとしたいいお店でした。





白焼きの鰻が食べられるのは、本当に美味しい鰻屋さんだと聞いた事があります。
鰻の生臭さが残っていると、白焼きでは無理みたい。
私は白焼きです。柔らかくって、ふわふわで、ワサビがよく合います。
とーっても美味しかった!鰻は最近は値上がりでしょっちゅう食べれなくなりましたねえ。




翌日は、浜松の友人の実家へ向かって出発。
その前に、お気に入りのパン屋さん「しゃんぴによん」を再訪。
息子はここのピザが気に入って、また同じの。



しつこく富士山を追い求めます。
こちらは、富士川サービスエリア。
スタバでお茶をしつつ。

でもやっぱり雲に隠れてるのですよねえ。
あとちょっとなんだけどなあ。

ここで見る富士山が、一番マシでした。

夏の富士山はちゃんと見るのが難しいと聞きましたので、次は秋の終わりとかがいいなあー。
来年の秋・・・行けるかな?




沢山美味しい手料理を用意して待っていてくれて、感謝。
素敵なお家。まるで旅館のようでびっくり。
薪ストーブ、大きな庭、獅子おどし、シーリングファン、天井まで壁一面の本棚、L時型のソファ、畳の上がりのあるリビング・・・すべて理想が揃ってました。
こちらの家族になりたいなあー。私の実家だったらいいのになー。



翌日は、息子を預かっていただいて大人だけでおでかけ。
ねむの木学園や、素敵なカフェへ。





友人の妹さんに教えてもらったお店。
畑の真ん中にある「文房具とコーヒー/konohi」



眼前に広がる、青々とした稲の鮮やかさ。
この景色を見ながらのお昼ご飯。素敵な時間でした。

静岡で有名な、「やまがらコーヒー」が飲めます。
そして、売ってもいらっしゃる。






友人のお家に戻り、近くの美味しいお蕎麦屋さんを教えてもらい、お蕎麦を食べて帰りました。
友人のお家にある古い倉。弟さんがいい感じに変えたのに、実は取り壊しになる倉なんだそう。
勿体無いなあー。

沢山、ありがとうございました。
楽しい夏を過ごせました。







COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/178
TRACKBACK