器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東京へ(つづき) | main | 公現祭 >>
あたらしい年
 

あけまして おめでとうございます





2013年がはじまりました。
本年も、どうぞ「木と根」をご贔屓に
宜しくお願い申し上げます。


去年の大晦日、餅花を作りました。
スタッフの清ちゃんも手伝いに来てくれました。
餅花作りは、今回がはじめて。
コツを「花屋 みたて」の西やんに聞いてやってみましたよ。

柳の枝を用いて作るのが多いのですが、西やんの話しではどんな枝でも大丈夫なんですって。
芽が出る枝(「目出度い」「芽出たい」にかけて)ならばオーケーだって。
家の裏庭を探索して使えそうな枝を探しましたらば、枝先に莟や芽がついた山茶花を発見。
これでいこう!と決めました。

まずは、土や枯葉で汚れているのを水洗いし、葉をすべて取り除きます。
この作業が大変!椿科の山茶花は、たいそうな量の葉がついています。自宅が井戸水でよかったー。



餅つきした餅は勿体無いので、市販の切り餅を使って作りました。
白は片栗粉を混ぜ、赤は食紅を。
息子も遊びの感覚で作業を手伝ってくれました。
小さく付けるのが難しいのですよー。

楽しかったので、これから毎年の恒例行事にしよう!ということに。
俵屋旅館の餅花も、スタッフの人達で毎年作られているそうですしね。



作業のあとは、お楽しみの「鴨そば鍋」を。
厚めに切って貰った鴨ロースで、とてもいい味のスープが出ました。
つけダレは、市販のポン酢だと台無しになるなあーと思ったので、蕎麦屋の真似で濃い目の鰹と昆布出汁を作りましたよ。

デザートに清ちゃんが持ってきてくれた美味しいケーキをよばれつつ、紅白を見ました。
店の正月飾りに作った花餅、木と根にいらしたら是非見てやって下さい。



掲載誌のお知らせ

京都特集の頁で、お勧めのお店を紹介させて頂きました。
木と根のお向かいさん「ロトス洋菓子店」さんもご案内しています。




「木と根」をご紹介していただいています。



COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/188
TRACKBACK