器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 三月の催し、ふたつ。 | main | エートル・ピエ・ニュ 2013春夏販売会 >>
四月の企画展
四月になりました。
今年は桜を愛でる時間があまり持てなさそうな気がします。
とはいえ、京都はそこここに大きな桜や小さな桜の木があり、日常の中で自然に花見をしているようにも思います。

お寺や神社には必ずと言っていい程に、桜や梅、桃などの春を感じる木がありますものね。
半径500メートル以内に神社、寺がある土地柄、自転車や歩いていると
満開の薄桃色がふわりと目に入り、思わず立ち止まってしばらくぼんやり見てしまいます。

誕生月ということもあり、個人的に四月が一番好きな月。
この季節にしかできない事をしたり、新しいご縁を楽しみたいと思います。




今月の「木と根」企画展は、陶芸家 井山三希子さんの展示販売です。
今回は喫茶室で召し上がって頂けるデザート二種類に合わせて新しい器を作って下さいました。
「タルトタタン」「フルーツグラタン」用の器です。(写真上)




タルトタタンには、耐火のオーバルボウル。





フルーツグラタンには、手付きの長方形プレート。



 






三年以上使い続けている井山さんの「耐火のオーバル鉢/特大」は焦げあとがいい具合に入り、自分の愛用だなあと感じるようになってきました。

育ててよい景色に変化する。

器を使っていると、そんな楽しみもあります。




今回の展のテーマは、「スタンダード」。
これまでの井山さんの器の中でも、ずっと買い求め続けられている人気の形を中心に原点にもどり「使われている」「要望の多い」ものを中心に制作していただきました。

上の写真は、私が自宅で使わせて頂いている井山さんの器たち。
少しづつ集めてこんなになりました。
でもまだ欲しい新しい形や、初期の作品もあります。
食器棚はパンパンですが、器好きの熱は冷めそうにありません。


井山三希子 陶展

2013年4月13日(土)〜17日(水)
作家在店日 13、14日
会期中の全日「木と根」喫茶室にて、井山さんの新作器で
「タルトタタン」と「フルーツグラタン」を召し上がって頂けます。(数量限定)

※12日(金)は搬入準備の為 休ませていただきます。

沢山の皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。



お知らせ
4月29日(月/祝日)に、京都左京区の prinz にて催される「prinz春市」に参加出店させて頂く事になりました。
「木と根」の出店は一昨年の秋市以来 二度目になります。
楽しいイベントですので、皆さん是非遊びにいらしてください。
中庭では、無料ライブがあったりしましたよ。

晴天に恵まれるといいなあ。 




COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/194
TRACKBACK