器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 六月の催し | main |
梅雨の季節
梅雨入りして、しばらくは全く雨が降らずでしたが、ここ最近は台風がきたりして雨の日が増えてきました。
皆さんは雨の日は何をして過ごしていますか?

わたしはと申しますと、
雨の日はお客様が少ないので、五月半ばからやっている「かき氷」のシロップづくりをしたり、9月の二人展の展示に向けて作家業の縫い物をしたり(東京のお店の催しにでます)、内職に励んでおります。



マガジンハウスananの小旅行特集で、かき氷を紹介していただいています。
木と根 のかき氷は、季節の果物を使った自家製のシロップを4種類ほどかけてあります。
果物は時期によって変わります。
温かい朝宮焙じ茶付きです!是非一度ご賞味頂きたい夏季限定の冷たいデザートです。

今年から、昭和初期にお蕎麦屋さんで使われていた大きな鉄のかき氷機を譲り受け、
そちらで氷をかいているのでカンナで削ったようなフワフワな氷になっています!
八月の九日〜十一日まで、出張かき氷屋として、元スタッフの西やん夫婦が先日オープンした花屋「みたて」でイベントも致します。こちらも皆さん来て下さい!(その間、勿論「木と根」は休まず営業していますので、お店にもいらして下さいね)






「日曜日のごちそう(Le repas de dimanche)」の新しい初夏のデザートが
届きました。こちら、この梅雨時期にしか出回らない青梅を使ったさっぱり
美味しいデザートです。
上は青梅のシロップと果肉の入ったジュレ(柔らかいゼリー)、
下は青梅を使った水羊羹の二層になっています。
はじめてな美味しさで、一口頬張ると清々しい梅の香りが広がり、
爽やかな風が吹き抜けます!是非とも一度ご賞味頂きたい。
すぐに完売するので、店頭冷蔵庫にあった時はラッキーです。

あと数回は納品が可能なようですので、私達もあと何回かは食べれるなーと
楽しみです。
(因みに、只今完売中です)



子供さんにはちょっと大人過ぎるお味ですが、大人はたまりません。
青梅の酸味が美味しくて、何個でも食べれます!







話しはガラリと変わりますが・・・
先日、徳島より若い職人が作る手作りの「お櫃」が届きました。
こちらは一つ一つ細部の処理までこだわって作られ、目に見えない部分の接着糊も
昔ながらの米粒をすり潰したものを使っており、お修理の際などに一枚一枚の木が
剥がせるようになっているそうです。
また生きた木を使っている為、ヤニが出ており(人体には無害)抗菌の作用に優れて
いるのだそう。




銅のたがねの物は溶接部も丸く削られ、蓋の部位も渕に横板の頭が見えず組み合わせて
隠してあります。
蓋を開けると、本体の上部が丸く処理され、蓋の開け閉めにも優しいつくりです。
一人の職人が作っているため大量生産はできませんが、永く使って頂けるようにと
修理のできるお櫃になっています。





※最近、iPhoneのアプリ Instagram を始めました。「KITONE_KYOTO」です。
こちらのほうに旬なお知らせや、いろいろな情報を載せております。
blogの掲載よりも、簡単にすばやく情報を流せるのでこちらに切り替えつつありますので、宜しければチェックしてみて下さい。
因みにTwitterもはじめましたが、こちらはインスタグラムとシェアしているので殆ど同じ内容です。



COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/199
TRACKBACK