器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 和菓子の世界。 | main | 栗のきせつ。 >>
遠足。
先日、息子の幼稚園の遠足でした。
滋賀県の矢橋のほうまで。



息子には悪いのですが、普段まったく公園という場所に連れて行かない(自宅の近所の公園は、小学生に牛耳られている)母親ですので、幼稚園は遊びを思いっきりさせてくれる所と決めていました。勉強は学校行ってから嫌というほどすることになるのでね。
とにかく、思いっきり体を動かすという事に全力を注いでいるこの幼稚園は、私の期待を全く裏切らない園なのです。
そして何より先生方の親しみやすさ。入園までに、全ての先生が全生徒の名前を覚えていらっしゃるという。凄い!!
私なんて、クラスの子の名前を覚えるのに二学期の半ばまでかかったくらい。





幼稚園の園庭も、敷地面積がもの凄く広いので毎日しっかり遊んで、動いて、走り回っているようですが、この日は大きな遊具が沢山あり、ローラー滑り台にはまってしまった息子は、延々とそればかり・・・。

30回以上は滑ってたと思う・・・。
お尻の皮が剥けてないか?と心配になるほどでした。
滑り台の下で待ち受けている先生のお一人から、
「わたちゃん、ここのぬしやな。」とぽつり一言。確かに。


一瞬、違う遊具にもチャレンジしてましたが・・・。



やっぱり・・・・・、



結局、これに戻ると。

帰る間際に、私がトイレに行っている間に行方不明になり、大慌てで叫び探すことに。
「トイレの横で遊んでてやー」という母の声は届いていなかったようす。
叫び走りながら探しまわり、もしや!と滑り台のほうへ向かっていくと、向こうからやって来た同じクラスのママさんに、
「わーちゃん、さっき滑り台のとこに並んでたよ〜」と。
・・・やっぱり。

が、滑り台に着いても見当たらず、これはヤバい!と思いっきり叫びまくっていると、背中から「はやしさ〜ん!」と担任の先生の声。
振り返ると、息子を抱っこしてくれてはりました。
あ〜よかったー!ということで、肉体的にも、精神的にも、ヘトヘトになった一日でした。

お陰で、帰宅後すぐに寝てしまいましたよ。(私が)




COMMENT









Trackback URL
http://hibiniki.kitone.jp/trackback/79
TRACKBACK