器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夏のおもいで その2
花火を見においでと誘ってくれたお家へ。
たーさんが、琵琶湖の見えるところへ引っ越ししたのです。


友達家族と一緒に、お昼すぎから向かいました。
ご飯を持ち寄って、遅めの昼ご飯を食べて飲んで、まったりしつつ花火を待つとしようかーと。

たーさんのお家に到着すると、いい匂いが!
お肉のジュージュー。

肉巻きおにぎり!!





二才、三才、四才、五才、そして九才の男子達。
女子は一人も居ないのです。





沢山、美味しいものが並びました。

唐揚げ、夏野菜の煮浸し、鱧焼き、ラタトゥイユ、魚介サラダ、ホタテ刺身、トマトサラダ、マッシュポテトの枝豆入り、カマンベールチーズのサラダ・・・等など。
プラムの赤ワインシロップのジュース。



花火の始まるのを待ちます。
暗くなってきて、皆そわそわ。ドキドキ。





始まった〜!!!




子供たちの世界。
大人は入っちゃいけません。
特等席での花火見物、すごい迫力でした。
綺麗だったー!!




大阪のコチカフェ(京都のカフェコチとは違いますよ)で、
友人のイラストレーター弓削ナオミが展示をしているというので、同級生三人で見に行ってきました。



晩ご飯は、私のリクエスト。
十年ぶりに復活された、大好きな「楽天食堂」!!ヤッター。
閉店後、何度食べたいーと思ったことか。
オリーブで紹介されたのを拝見し、探して行ったのが通い出した始まり。
20代の前半でした。
当時勤務していた職場の近くにあったので(アメリカ村 三角公園の向かいにあった)お昼休憩で通ったり、一人でお昼の時によく行っていたのです。



看板のマーク、ロゴも変わらず。嬉し!!!

水餃子、これこれー。

やっぱり美味しいなあ。


これが、ずっとずっとずーっと食べたかった「担々麺」。
私の中で一番の美味しい担々麺。ここのを超えるのに未だ出会ったことがない。




お店の方も(ご夫妻)全然変わってらっしゃらなくて、嬉しかったー!!


夏のおもいで その1

夏のおもいで





毎年恒例の下鴨神社「みたらし祭」
今年も、去年と同じくお友達と一緒に。




帰りは、友人の店でちょっと休憩。




来年も行こうね。りんちゃん!








幼稚園の動物供養にお供えするための折り紙を折る。
お父さんに折ってもらった飛行機を何でかぐしゃぐしゃにしてしまい「どうしよー」と泣く人。





美味しい「まんとう」と「シェーク」と「マーラータン」があるお店。
出町柳と元田中の間のへん。



「yunnan」



まんとうは、ふわっふわ。
マーラータンは辛いけど美味しい。
シェークは沢山種類があって、迷います。

全部おいしかった!!





とっても好きな空間。
近くだったら通いつめるのになあ。









海には今年行けなかったけれど、琵琶湖にちょっとだけ。








もう少しで、夏休みが終わってしまいます。
今年はなんだかいろんな事がありすぎて、いっぱいいっぱいの日々でした。
春から夏にかけ、本当にドラマのような出来事が次々におこりました。

命あるもの生まれたからには、いつかはやっぱり死ぬのだなあ。
家族が減るのは辛いですね。


さて、そんな夏でしたが沢山たのしい事を積極的に取り入れました。
じっとしてるよりも働いて、動いて、笑おうと。
そうやって、残った者は普通の生活を続けるのです。

生活をし続けることが大切なのだと。





そろそろ裸足の準備。
息子が通う幼稚園は、夏期保育というのが二週間くらいあり、その期間中は毎日プールや水遊びや泥遊びやボディーペイントや・・・。沢山楽しい事をさせて貰っているようで、裸足登園になるのです。
そして、運動靴ではなく、その期間はゴム草履登園と決まっている。

去年は、前の夏に鎌倉に行った時に買った一番小さいサイズの「ゲンベイ」ビーサンがちょうどのサイズになっていて、それを履かせた。
今年もやっぱり「げんぺい」がいいなーと、通販で購入することに。





私もついでに自分用のをオーダー。
ハウエルの今期春夏のバージョンカラー「ホワイト×イエロー」にしようかなーと悩んだ結果、なんだかマリンカラーの気分だったのでネイビー×白に。(前回購入したのはピンク×赤だった)





皆さん、お待ちかねの「島るり子」さんの焼き〆作品が入荷してきました。
喫茶で使用している「カフェオレボール」「ミルクピッチャー」も勿論ありますよ!
今回は、ちょっと小ぶりです。

そして、「盛り鉢」「小皿」「片口ボウル」等も。




今日は、幼稚園の運動会がありました。
一日仕事、あーしんど。



毎度思うのですが、先生ってほんとに大変な仕事だわー。
そして、もの凄く体力がいるのでやっぱり体育会系の人しか無理だな。

尊敬です。

去年まで、一番前だったのに今は二番目みたいです。
そして、好きな女の子ができたようで、その子にかまってばっかり。
自分から無理矢理に手を繋いだりしてました。意外と積極的。
親とは違うなあー。

運動会の靴、殆どのお子さんがブランドもの。
うちの子はマジックテープがちゃんとできないので、イオンのスリッポン980円。
でも、かけっこ前回に引き続き一等!やったー。



金環日食
テレビでドリカムの太陽のリング〜♪って流れてました。
それってこの日の事を歌ってたのかー。

朝起きると、主人が居間で望遠鏡を出してきて窓を開けてみてました。
望遠鏡で見てもいいのか?と思っていましたら、太陽を見れるレンズを持っていたようです。
息子を叩き起こして、無理矢理に見せました。彼は全く興味ない、眠いって感じでしたけども。
皆さん、肉眼で見てらしたのかしら。




今週の金曜日から、福岡の木工作家 山口和宏さんの個展がkitoneで始まりますよ!
今回が木と根では初めての展示会。是非是非、足をお運び下さいませ。





この「お盆」は、最近作られはじめた作品だそう。
材種は栗の木。とってもいい角アールです。美しい!!



京都は、和菓子屋さんが多く「茶菓子」用の小さめでフラットな表面の菓子皿をお願いしてできたものです。
とってもいい。
こちらもお勧め。




初日は、山口さんも在店くださいます。
お待ちしています!





ふ〜てんの菅ちゃん。


まぶだち、菅ちゃんが不定期で星ヶ丘のソーイングテーブルでやっている企画展があるのです!
「ふ〜てん蚤の市」

今回は、「遠足」がテーマですって。
楽しそう!!



素敵な写メを送って来てくれました。
木と根は「山口和宏 木工展」中なので・・・私は行けない。(涙)いつもタイミングが合わないのです。トホホ



ご都合の合う方は、是非行ってみて下さい。
そして私に感想を言いに、kitoneの展示会にも来て下さいねえ!!


2012
5/27 sun 雨天決行
フーテン蚤の市
草原へ遠足の巻
場所「星ヶ丘学園内 ソーイングテーブル」




 
はや撮り。
息子が、今年満4才なので七五三の「はや撮り」というのを先日やってきました。
春〜夏にかけて写真だけ早く撮っておくと、割安というやつです。
しかも、秋の神社へのお参りの時に着物を安くレンタルできるのですって。



もちろん、写真は撮ってはダメなのですが動画はOK!というのでiPhoneでビデオ撮影。
それを画像にしてみました。なかなか綺麗なもんです。





着物はどれだけ着ても撮影料は同じ。いろんな小物を持たせたりバックを変えたりしていーっぱい撮ってくれるのです。
で、どれを購入するかを選ぶ時になって親バカ心が爆発し、これも残したい、これも置いときたい・・・となり、結局かなりの数を買うはめに。
ま、うちはだいぶ削除しましたけどね。こうやって買ってしまうような仕組みになってるのねえーと感心。

あとは秋の神社で本番を待つのみです。
白無垢以外に着物を着た事がないので、私もお母さんのお古を借りて着てみようかなあーと考え中です。
みなさん、どうされますか?




近所のパン屋さん。

近くのパン屋さんの店内壁に貼られてた、子供達の手書きのが可愛かったので撮らせて貰った。



社会の授業の課題かな?なんだろ。


 
木と根でも、まれにお客さんやお子さんが手紙を書いて渡してくれたりするんですが、子供さんの率直な感想と絵の描かれたのはとっても嬉しいです。

先日のは、デザートを上から目線で褒めてあって(笑)おかしかった!

今年はなかなか温かくならないですねえ。
今日は花冷え、葉冷えな寒い一日。
そろそろ「かき氷」を喫茶室で出そうかと思うんだけど、まだ氷を食べたい気にはなれませんよね。
六月からにしようかなあ。
去年までは古〜い手動のかき氷機で必死にぐるぐるしてましたが、今年からは電動を買いましたので余裕なはず!
お待たせする事も無くなるかと。頑張りますー。




お別れとはじまり。

三月に息子の年少組の修了式がありまして、そして今月は進級式。
月日の流れははやいもので・・・。



だーい好きだった担任の先生とのお別れ。
しかし、彼はこの時そんなこととは全く思ってない様子。
次に園に来た時にきっとわかるんだろうなあ。
お調子者なので、何か貰えたとはしゃいでます。


そして、進級式の日。
初めてのクラスメートと新しい先生にとまどい緊張ぎみ。
帰り際に前の担任先生に会うも、恥ずかしさと寂しさで目も合わせられない。
これも成長したということか。
感情がいろいろ溢れてくる幼少期は、周りの目を気にせずに思いっきり爆発させて欲しい。
幼少期の私は、結構我慢してたなあー・・・。子供は気を使わないでいいんです。

新しい担任の先生。
早速、話しを全然聞いてない息子で本当に申し訳ない。
なんだか個人的に言われないと、話しが理解できないようです。
これまた困ったことで。



帰り道の車折神社。
ここは早咲きの桜「渓仙桜」で有名ですが、今年は寒いのでまだ莟が多い。
違う桜が八分咲きくらいでした。
今週末はきっと渓仙桜も満開だろうなあー。
そして、嵐山は大渋滞。バスは又来ない・・・電車も大混雑・・・ふぅ〜。引っ越したい。



別れと出会い。
息子も成長とともに、人との関わりがどんどん増えてくる。
人と人とのお付き合い。
これって死ぬまで続くこと。家族も同じく死ぬまで続くこと。

この年になって思う事、やはり一期一会の心っていうのは本当はもの凄い確率で起こる「縁」あってこそ。

袖触れ合うも他生の縁
袖が触れ合うようなちょっとしたことも、前世からの深い因縁によって起こるものであるということ。「他生」は「今生」の対語で、前世と来世の称。この場合は特に、前世の意。

古いことわざも、ほんまそのとおりやわって思う。
わたくし、おばあに着実に近づいてる証拠やね。






メリルストリープ
昨日の「徹子の部屋」に引き続き、今日のゲストもメリルストリープ。

番組を見ながら、メリルストリープを知ったのは何の映画だったっけ?とふと思った。
高校生の頃にレンタルビデオで見た「シルクウッド」という映画がはじめてみたメリルの映画だと思い出した。



この映画、ラストのシーンでずっと涙が止まらなかったことを覚えている。
プルトニウム工場の話しで、汚染された時の鳴り響くブザーと、洗浄のシャワーのシーンがもの凄く辛かった。
福島で、今同じように汚染に怯えながら作業をしている現場の処理作業員の事が重なった。

この映画を見た後、それでもまだ原発を推進する人達がいたらば、いったいどんな気持ちで進めているのか理解できない。

徹子さんも「マンマミーア」じゃなく、「シルクウッド」の事をもっと聞いて欲しかったわあ。
今のこのタイミングなら、絶対この映画なのに。残念!


「徹子の部屋」ってやっぱりすごいな。



今日(もう昨日ですけど)、お昼にテレビのスイッチを入れたらば、好きな女優メリルストリープがバーンとアップで映ってた。
「!!!」びっくり。
ソフィーマルソーの次は、メリルストリープ。
やっぱり徹子の部屋ってビッグなゲストが多いのねえ。





映画の番宣がメインですね。
で、徹子さんが以前サッチャーさんがゲストでいらした時の映像を見て下さいってことでして、メリルストリープが驚きながら老眼鏡を。
興味津々な様子で、可愛かったです。



ゲストが大物のハリウッド系の時には、やっぱり通訳は戸田さんなんだなあ。
この方も全然変わりないのね。

「戸田奈津子さんみたいに映画の翻訳がしたいんです」なんていう恐ろしく大それた事を高校二年の時に英語の先生に話してたこと思い出しました。
その先生は、無謀な私の夢に真剣に答えてくれて、それならこうこうこうしたらいいよ!とか、アドバイスをくれてたなあ。
先生、なれなくてごめんね。
なんと、話しがつきぬようで明日も(今日ですね)この続きをやるそうです。
見逃した方は是非ー!二回にわたってっていう事もあるんだねえ。初めて知った。








今日は、息子が幼稚園から帰ってきてから、いただいた映画のチケットで映画を見てきました。
「ドラえもん」ですー。
息子は映画館初体験。これは絶対暗くなって音が大きいから泣き出すか、途中で寝るか、トイレに行くか、大変な事になるのを覚悟しつつ挑みましたよ。
が、しかし、ちょっと暗くなった時に怖がったくらいで、それも慣れて全く大丈夫でした。
成長したなあ。

小谷田さん、チケットありがとうございました!!
楽しかったです。そちらはもう行かれましたか?