器、日用道具と喫茶室

京都市下京区燈籠町589-1

徒然/いまにき
近況報告は、instagram KITONE_KYOTO


<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
市川孝 拵展(こしらえ)へ。
岡田さんの展示替えの日、下鴨の川口美術で市川さんが個展をされてらっしゃってちょっと会いに。
今回の展示は「拵展」(こしらえてん)第二回目だそう。
陶だけではなく、木のものも作ってらっしゃるのです。鉄の錆びた板と木を組み合わせた長い茶盆や、見ざる聞かざる言わざるの猿や、ロクロの茶托、木の大きなお盆は手がかりがつけてあって持ちやすく考えられている。





やっぱり、いいお店。市川さんの器もしっくりと。
落ち着いた空気が流れる場所で、とても勉強になります。
個人的に好きな空間です。



偶然に友人とばったり!
嬉しい鉢合わせ。
何を買うんだろ?と思っていたら、帰宅後のメールで
私も持っているものを買ってた。
気のあう人はやっぱり好きなのが似るんだねえ。

いつお会いしても、優しく声がけして下さる市川さん。
お人柄が作品にもしっかり出ていると思います。
私も主人も、店を閉めちゃったとしてもずっと仲良くして頂きたい。(いや、閉めませんけどね、例えばという。)



今回の私のお買い物は、つぎはぎの花カップ。
チューリップみたいなの。これは市川さんが自宅で愛用されていたらしく、いい具合に景色がでていました。
それと買い集めている焼き〆シリーズの小皿を。
いい買いものした!

市川さんのkitoneでの次回の個展は、三月を予定しています。
土瓶、急須のリクエストが多いので、市川さんとの打ち合わせではそこのところをアピールしてみますね。
皆さん、お楽しみに!!



岡田さんの展示の際に一緒に販売させて頂くことになっている「Frau Pilz」フラウピルツさんへ、納品のクッキーを取りに伺いました。
お店に伺うのはこの時が初めてでした。噂どうりに素敵なお店。
真っ白でキラキラしてましたよ。








作ってらっしゃるあゆみこさんは、ドイツにて本格的に修行されていたそう。
クリスマスのシュトーレンもありましたよ。
クリスマスにちなんだ、サンタやトナカイのアイシングクッキーも。







なんと!息子にプレゼントまで。(すいませーん、ありがとうー)
アイシングのクッキー。これ可愛くて食べるの勿体無い・・・と思っていたら、息子は「かわいー!」と言いながらも何の躊躇もなくパクつく。
しかも、上の甘〜いアイシングからペロペロと。
私も子供のころはやってましたけどね。

せっかくの手間ひまかかった手作りのクッキーが、一瞬にして無くなっていきました。


近所の中華。
先日、ライターYさんから聞いた太秦の美味しい中華屋さん。
右京区に、しかも自宅の近くにそんな店があるとは!早速行ってみましたー。





松竹?東映?どっちだっけかの撮影所からすぐの場所。
船越英一郎さんのムック本でも紹介されてました。

あっさりとして、じんわり。
定食があるのでお財布にも優しい!



親子で同じ口。
とんがってる。







先日、幼稚園でちびっ子バザーがありまして親がお金を作って持って行くということで作っていると、息子もやりたがり一緒に作る事に。
どうやら、工作が好きな様子。まあ子供はみんなそうかもですが。



息子の祖父は日本画の絵描き&美大の教授、祖母も市立芸大出身、私と主人も一応芸短出身。

ですが・・・残念ながら、遺伝しなかったようで・・・息子に絵心は無い模様。残念。(一番左列、真ん中のわけわからん絵)





常滑、角掛さん家へ。
先日の常滑「クラトコ」の帰りに、角掛さん宅へも立ち寄りました。






とっても広い作業場。
動きやすそうな仕事場でした。





この後、クラトコに出店されていた作家さん達数人と酒盛りが始まるという、なんとも楽しそうな宴です。
おでんを作ると段ボール数箱に食材が運び込まれてました。

皆さん、ご近所さんなのでこうやって集まってわいわいできるのっていいですねえ。

突然、お邪魔いたしました!お土産もすいませんでした。





今週の金曜日11日から、kitoneで始まる催し「溝上吉郎/木印」家具展です。
新作もぞくぞく。小物も沢山。

家具の展示&受注会です。





デスクランプ(壁掛けも可能)は、とてもいい感じです。
是非、見にいらして下さいね!!
お待ちしています。



常滑、角田さん家。
常滑のクラフトフェア「クラトコ」からの帰りに、陶芸家の角田淳さん&松原竜馬さん宅、角掛政志さん宅へお邪魔してきました。
角田さん宅へは二度目の訪問。田舎の親戚の家へ来たような懐かしい気持ちです。








真っ白くってつやつやの毛並み。
「てつろう」はとっても人なつこくって可愛い!
猫を飼うのが子供の頃からの憧れだった私は、ほんとに羨ましい。














右の顔のオブジェ、多分お子さんの凛太郎君が作ったのではないかな?と。
シーサーみたい。

「ご飯食べていきなよ!」という角田さんのお言葉に「はいはい!!」と全く遠慮のない私達。
とても、とても心のこもった手料理、嬉しかったです。そして美味しかったー!

お好み焼きに海苔挟むというの、これは絶対次回からうちでもやろうと思いました。旨かった〜。
いつもありがと。








二ヶ月ちょっとしか変わらない、少年達。
彼らは遊びの好みがちと違う。
レゴで遊ぶにしても、凛太郎くんは怪獣を作り、ウルトラマンが好き。
うちの息子は新幹線を作り、プラレールが好き。

お好み焼き、厚揚げと青菜の煮浸し、白身魚の刺身、焼きそば、鱚てんぷら、グリーンサラダ、おにぎり・・・等など。てんこ盛りのごっつおーで、器はお二人の作品で、素敵な食卓でした。

ご馳走様でした!



常滑、クラトコへ。
常滑の若手作家さん達が3年前から始めたクラフトフェア「クラトコ」へ初めて行って来ましたよ。
kitoneでお世話になっている作家さんも数名出店されているので、皆さんに久しぶりに会いに。



のんびり、ゆる〜い感じで、小さい子連れには最高です。
犬連れや、子連れのお客さんの多い事。

トルコ屋台の「ブルーチーズサーモンのキッシュ」「トルコハンバーグのサンドイッチ」美味しかったー!!キョフテだったっけかな?鯖サンドと迷ったのですが、焼きたてのこちらにしました。




小雨がパラついていましたが、どうにかもちました。
よかったー。

角掛さん、田鶴濱さん、松原さん、鶴見さん、広川さんにご挨拶。
同世代の方々が集まって、楽しそうで羨ましいです。
この後、夜は皆さん飲み会だーっておっしゃってました。
いいなあ。












生のチェロ、バイオリン、ギターの演奏を珍しくじっと大人しく座って聞いている息子。
こんな事もあるのねー。初めてです。

その後・・・

生ライブに感化されたのか、田鶴濱さんのところの息子さんの楽器を借りて、自分も演奏?らしきものをし始めました。

すぐに飽きてましたが・・・・。


夕方に角田さん宅へお邪魔する約束だったのですが、時間があるのでちょっと周りをうろうろと。
名古屋名物?の喫茶店チェーン「コメダ珈琲」へ。



初めての「コメダ珈琲」。
「ヨネダ珈琲」とか「タマダ珈琲」「タマデ珈琲」とか、何でかずっと覚えられずに間違った名前を連呼する私に、スタッフのキヨちゃんは優しく毎度「コメダです」と言い直してくれておりました。

最初にヨネダで覚えたので、もうどうしようもないんです。ごめんね、キヨちゃん。





名物らしい「シロノワール」というでっかいデニッシュパンにソフトクリーム&メイプルシロップというのを皆で分け分けしました。
なかなかチープでB級な味で美味しかったですよ。
息子はココアはふた口しか飲まず、ソフトクリームのみを必死で食べてました。ココア要らんかったな。
勿体無いことをしました。


梅小路。
父が、「梅小路で手作り市やってるし、行かへんか?」と言うので、日曜日に一緒に行って来ました。
梅小路といえば・・・SLです。

息子はめっちゃ嬉しい様子。
男の子って、汽車・電車が大好きなんだねえ。




手作り市は・・・智恩寺のようなのの店舗が少ないバージョン。

お昼にランチを食べに入ったカフェレストランが、庭もありなかなか右京区にしてはいい雰囲気で入って正解!でしたよ。夜10時くらいまで開いてるらしいので、仕事の帰りに寄れる。






SLに乗れて凄く嬉しかったよう。
いつもテレビの中でしかみたことの無い蒸気機関車がずら〜り並んで、中にも入れて、大興奮。

思ったよりも大きいので、最初はピンときてないようでしたが・・・。















列車に乗った後は、横のアスレチックな遊具がある公園で走り回り。
一日中、彼の後ろを追っかけてものすんごいしんどかったのでした。
暫く野外に出かけるのは無しです。
ほんと、疲れたー!


ベジフェス
「木と根」近くの仏光寺にて、ベジフェスが開かれるよ〜と聞いたので、朝の出勤前にちょこっと寄ってみました。
思ったより盛況(失礼)で、皆さんどこでこの情報を知らはったのか?と不思議に。
いつもシーンと人気のない寺だけに、同じお寺とは思えないほどのにぎわい。
毎月やって欲しいものです。



美味しそうなパンや、ケーキや、お弁当や、カレーやら。
でも全部ベジタブルだけなのだなー。残念。





ハイジのワゴン。
可愛かった。























この先、毎月やるのか不定期でやるのか今回だけだったのかは不明ですが、定期的に(できたら月一)やって貰えると、この界隈もにぎわっていいのになあーと思います。
私は残念ながらベジタリアンでは全く無いので、今回買うものは無かったのですが・・・。
もっと生の野菜を売っていればねえ。広一郎くん(BYべじたぶるぼーと)がここで売ればいいのになあ。


「ひつじ」ドーナツ!
お友達の新しいお店がopenです。
待ってましたー!



パン屋さんの次は、ドーナツ屋さんです。
外はカリリッと、中はふんわり〜の美味しいドーナツ。




場所は、夷川富小路かどっこ。
近くに美味しいタイ料理のKATIがありますね。

ほかにも一保堂、柳桜園、私の好きなトラモントもありますよ。
いい場所です。




喫茶スペースは、未だ営業してませんでした。
可愛い机と椅子が並んでましたよ。
また、お茶しに行こう〜。











ガレット屋さん。
木と根から歩いて10分程斜め南に行くとある、ガレット屋さんへ行ってきました。
スタッフの女の子から聞いていたお店で、町家を使った店内は自宅のような落ち着き感があり、つい長居しそうになります。



蕎麦カフェ「さらざん」という名前です。
そば粉のクレープ、種類は30種類ちかくあったと思います。
どれにしようか悩みますよー。













おおっきいです!
紫蘇のジュースも美味しかった。





AO 青の家、訪問。
 ずっと伺いたかった「AOの料理教室」は、中西ゆう子さん(青さん)が素敵なご自宅で定期的に開かれている教室。
kitoneの忘年会の食事をお願いした事もあり、とっても優しく美味しいお料理を作られることは体験済み。
今回、この素敵な古いお家をお引っ越しされる事になり、最後にopen houseを企画されたというので、これは絶対に絶対に行かなければ!と思ってました。



友人家族と一緒に、てくてくと初めて降りた深草という町。
ここはとても親密な空気を感じる、懐かしい町並みが広がる「暮らしてみたい場所」でした。


だいぶ前にku:nelで紹介されていたお宅訪問の頁をずっと覚えていて、このお家はお邪魔したいなあーと漠然と思っていたのが、なんとこの青さんのお家だったと知ったのは一年程前のこと。


やっと来れましたー。




籠好きな私が「おおっ」と目についた天井。
建具を棚にしていて、これはとっても素敵。
家でもマネしたいなーと思いましたが・・・うちでは無理です。(涙)












至る所に「植物」と「絵画」が。
素敵なおもてなしの空間を拝見できて、嬉しかった!




布使いが美しくて、目に焼き付いた。


青さんも着けてはった手作りのエプロンは、ダブルガーゼで作ってありとても柔らかい。
形も他にないゆとりのある、首周りがラクチンなものだったので自分用にと一枚購入。
色んな色があったのだけれど、青系の二色で迷い、結局鮮やかな「トルコ石色」というほうにした。
友人のミッタンは、上の写真ので青さんと同じものに。
青さん、大事にします。




このタイルの洗い場が、本で見て「可愛いわー」とまさにタイルマニアのツボな場所でした。
タイルの敷き詰められた古いお店が大好きな私は、いつか余裕ができたならkitoneの店内もタイル張りにしたいと考えてます。もしくは、タイル張りの古いお店跡に移転とか。
「静香」「村上開新堂」「桂月堂」・・・。








スイカソーダ、カントリーライス、カレーライス(ピクルス付き)、どれも美味しかったー。
カントリーライスはちょっと甘くて息子も気に入ったようで半分以上食べられてしまった。

スイカソーダも初体験。
これはスイカを崩しながら飲みます。
冷たく凍らせたスイカが、シャーベットのよう。

また、新しい場所での教室も楽しみにしていますよー!




お家を一歩でると、猫の通り道のような細い小路が。
抜け道が沢山あって楽しい。迷路のような住宅街。
緑が沢山あちこちにあって、ジブリの世界のような町。

子供達の好きな要素が満載。
ここは本当に昭和を残したいい場所だ。







青さん家を出た後に、一度行ってみたかった伏見稲荷へ。
お商売の神社なのに行ったことなかった。これはあかん!ということで。


お稲荷さん。
キツネが至る所に。
こちらは、馬の神様?
生の人参が二本、奉納されてた。
なんかこれが可愛かった。


有名なおもかる石も体験。
私の願いは・・・どうやら叶うのが難しいようす。
重かったー。










もの凄い量の鳥居。
千本以上はあると。なんと、これが4キロ以上続くというので、途中迄で断念。
幻想的な鳥居のトンネルを戻ってきたら、鳥居の裏側には奉納した企業や個人の名前がずらーっと書かれていて、一番最初の入り口にある大きな鳥居は「電通」と・・・・。昔の仕事の取引き先企業の名前がでーんと出てきて一気に現実に戻されてしまった。
うーん、力と金・・・。